Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

インスペクションは何時 誰に依頼する?

このブログは

住宅診断及び住宅設計を通して知り得た情報を

住宅診断の一環として

住宅を購入または計画中の方が

泣き寝入り(又は後悔)しない様に

注意喚起の為にアップしています。

 

今回は、<インスペクションは何時 誰に依頼する?>についてお話をします。

今日のお話は

今のエンドユーザーの方は

既存住宅を購入する時に

欠陥住宅などの不安がないのかな?

って言う様なお話をします。

不安があっても

自分は大丈夫と思っているのでしょうか?

と言うか

築浅の既存住宅だから

欠陥住宅などの不具合事象は

無いと思っているのかな?

どちらにしても

何もなければ言う事は無しですね!

下手に

インスペクションをしたばっかしに

その不具合事象が

気になってしまう事も有りますよね!

インスペクションを実施しなかったら

何も気が付かずに

生活ができる場合も有りますから!

それはそれで一つの考え方ですけどね・・・・!

って考えたら

Y&Y住宅検査が実施する「住宅診断」

場合によっては

依頼者の方を不安にさせる可能性が有る

インスペクションなのかも???

せっかく

契約前に「住宅診断」を実施したにもかかわらず

不具合事象を補修して貰えないまま

契約される依頼者の方がいます。

何の為に「住宅診断」を依頼されたのだろうか?

私の方は

契約前に事前に不具合が分かれば

その不具合事象を補修して貰う事を前提として

インスペクションをしますので

現況の

不具合事象を全て指摘事項として上げていきます。

それは

別に不安にさせる事では無いと思うのですが・・・・。

反対に何故

あの不具合事象を補修せずに

契約をしてしまうのだろうか?

不安にならないのだろうか?

と勝手に

私一人だけが

思い込んでいるだけなのかも知れませんね!

表面だけのインスペクションで

不具合事象の原因追及をしなければ

その方が

インスペクターに取ってプレッシャーが無いので

大変楽な仕事になります。

設計事務所の仕事の傍らに

簡単にインスペクションも出来ます。

ご依頼者様にとっては返って

その方が良いのかなぁ?

私の様に

「泣き寝入り」をする人を撲滅する為に

インスペクションに深入りし過ぎない方が

依頼者の方も

気楽で依頼できるのでしょうね!

と言う事で

Y&Y住宅検査に「住宅診断」を依頼する時は

契約した後に不具合が気になって

後悔し始めた時に

依頼した方がインスペクションに対する

費用対効果が良いかもね!(笑)

と言う事で

今日の内容は、中身の無いブログになってしまいましたね!

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂く住宅診断とは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊