Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

住宅診断広島劣化事象042「セメント瓦の劣化」

<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>

●築29年の2階建て木造住宅

◆事 象
セメント瓦の塗替えメンテナンスが29年間されておらず、経年劣化による防水性の低下及び苔の発生が確認できます。

【テキストテキスト】
住宅診断広島劣化事象042「セメント瓦の劣化」
【テキストテキスト】
住宅診断広島劣化事象042「セメント瓦の劣化」

◆原 因
単純に、持ち主がセメント瓦の塗替えメンテナンスをしなかった事が原因です。

◆今後の可能性
セメント瓦の塗替え時に、経年劣化をしているセメント瓦は割れる可能性が高く、割れた瓦の差替え瓦が手に入らない可能性が有るので、塗替えの塗装業者も敬遠する可能性が有ります。
耐震性を考えて、カラーベストコロニアルに葺き替える事も対応策に一つではないでしょうか。

では、今回はここ迄とします。

■広島県・山口県・岡山県でホームインスペクション(住宅診断)を依頼するなら、ホームインスペクション(中古住宅瑕疵保険検査を含む)に対する考え方、診断実例をブログに記載している<<Y&Y住宅検査>>にお任せ下さい!