Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

劣化事象の原因が分からない補修工事って?

今回は、<劣化事象の原因が分からない補修工事って?>についてお話をします。

中古住宅を契約する前に

「住宅診断」を実施される事が

安心・納得して購入する為には必要です。

ここでお話する内容は

Y&Y住宅検査の「住宅診断」ではなく

一般的な「建物状況調査」を「住宅診断」と

称してインスペクションを実施している

インスペクターが一般的なので

「建物状況調査」を実施した場合の

劣化事象の補修工事は大丈夫?について

お話をしてみます。

そもそも「建物状況調査」は

平成25年6月に国土交通省が施行した

「既存住宅インスペクション・ガイドライン」に

沿った内容です。

つまり

検査の観点が

①構造耐力上の安全性に問題のある可能性が高いもの

②雨漏り・水漏れが発生している、又は発生する可能性が高いもの

③設備配管に日常生活上支障のある劣化等が生じているもの

の3項目ですが

「建物状況調査」の場合は

③はオプションになっています。

検査方法は

床、壁の傾斜計測とひび割れ計測以外は

目視による検査です。

ここで

大変大きな問題は

報告書の書き方及び計測箇所・方法などです。

検査結果の報告書の書き方は

判定基準値以上の数値が計測された場合などに

その方位面と劣化事象のその数値を記載するだけです。

例えば

床の傾斜計測箇所は

各階の1区画以上を計測します。

区画とは

洋室やLDK等の一部屋を一区画と考えて下さい。

つまり

2階建ての住宅で有れば

2部屋の床の傾斜計測で良いのです。

ひび割れの場合は

0.50㎜以上のひび割れが有った場合のみ

その方位面とひび割れ幅を記載するだけです。

建物全体の

劣化事象の総合判定を記載する書式が有りません。

これが

「建物状況調査」なのです。

Y&Y住宅検査の「住宅診断」のように

建物全体の傾斜の傾向までは分かりません。

「建物状況調査」では

劣化事象の原因を調査する考え方が有りません。

 

ここから本題に入ります。

題目が<劣化事象の原因が分からない補修工事って?>です。

上記の「建物状況調査」の結果で

劣化事象を補修工事をしたとします。

その補修工事は

ただ単に

劣化事象の表面だけを補修する工事です。

何が言いたいかと言いますと

劣化事象の原因を調査せずに

目先の劣化事象だけを補修する・・・?

とは

ただのボロ隠しと同じと思いませんか?

劣化事象の原因を見つけて

それに対しての補修工事をしなければ

お金をドブに捨てる事と同じと私は考えます。

ただし

上記と同じ補修工事内容でも

Y&Y住宅検査の「住宅診断」の場合は

劣化事象の原因を

目視の範囲で総合的に調査しますので

あらかたの原因は分かります。

本当は

原因からキチンと補修工事をしたいけど

予算的に無理な場合でも

どうしても購入したい住宅の場合

劣化事象の原因が分かった上での補修工事で有れば

納得して購入する事が出来ると思いませんか?

本当は

この様な場合は

無理して購入しない方が良いですけどね!

どうですか?

劣化事象の原因が分かって購入するか

何も知らないで購入するか

どっちが

本人にとって安心なのか?って考えた場合

納得して購入した方が良いと思いませんか?

泣き寝入りせずに済みますよ!

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂くサービスとは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊