Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

外壁サイディング通気金具工法として

このブログは

住宅診断を通して知り得た情報を

住宅診断の一環として

住宅を購入または計画中の方が

泣き寝入りしない様に

注意喚起の為にアップしています。

今回は、<外壁サイディング通気金具工法として>についてお話をします。

新築分譲住宅の購入を考えている方は

今日のブログの内容が現実に有ります。

契約前に住宅診断が必要と思いませんか?

昨年

新築分譲住宅の住宅診断にて

妻側外壁通気と

バルコニー手摺壁の笠木部分の

通気排気口金具が設置していない

契約不適合事象を指摘しました。

ここで初めて

外壁サイディング下地には

胴縁を使用しない通気金具工法で施工しているから

上記指摘部分の

外壁通気用の排気口金物が無くても

妻側外壁面の通気が

軒側外壁面に流れて行くから

問題は無いはずだ!と言う説明を聞きました。

 

少し見にくいですが

下記資料の様に出隅部分には「ハット型ジョイナー」

出隅の両方向に設置しています。

 

【通気金具施工の資料】

 

上記の

「ハット型ジョイナー」が出隅部分に

下から上に続いて設置しているので

妻側外壁通気が

軒側外壁面には流れないと説明しても

現場監督は

いや

サイディング屋が通気すると言っている

認めようとはしなかったので

住宅診断の依頼主様に

この事を説明しました。

結局

この新築住宅を

契約されたかどうかは分かりません。

上記の資料を見たら

通気が流れない事は一目瞭然ですがね!

何故

今回このブログに書いたかと言いますと

住宅診断の一環として

工務店に対して

外壁通気の設置忘れが有りますので

気を付け下さいと伝えていたので

知り合いの工務店の責任者にも伝えたのです。

そしたら

そんな事は心配せんでもええよ!

外壁サイディングの下地を

胴縁ではなく「通気金具」で施工しているから

妻側外壁通気金物は必要無いと

サイディング屋が言っている・・・・。

ここも

最初に記載した現場監督と

同じ回答が返ってきました。

この知り合いの責任者が?・・・・・

まさか

こんな事を聞くとは信じられませんでした。

現場監督はいいとしても

知り合いの責任者が

自分で確認せずに

業者の言い分をそのまま信じている事が・・・・・。

結局

会社の責任者は

現場の一つ一つの納まりの

良し悪し迄は頭が回らないのでしょうね!

全て現場任せ!

これが

この業界の一つの現実なのでしょうか?

業者任せ

職人任せ

という無責任な施工(考え方)が

新築分譲住宅の

契約不適合工事を助長しているようですね!

何んかとても悲しいですが・・・・。

次回のブログは

「通気金具工法」で有れば

通気経路を助ける商品が有りますので

それを紹介する予定です。

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂くサービスとは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊