Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

「建物状況調査」を依頼する時の注意点として

  • HOME
  • コラム
  • 「建物状況調査」を依頼する時の注意点として

今回は、来年4月に宅建業法改正に伴う「建物状況調査」について、

売主様側が、「建物状況調査」を実施した場合に、注意する内容のお話です。

最初に、国土交通省の思惑とは

中古住宅を買主様が安心して購入できるように、

また、中古住宅が流通しやすくなるようにする為の目的で、

「建物状況調査」を前向きに実施する様に促す為の施策が、

宅建業法改正に伴うインスペクション業者の斡旋の義務化です。

ここに一つの隠れた思惑が存在します。

それは、「建物状況調査」をする事で、

現在殆ど加入が伸びていない「既存住宅瑕疵保険加入」を促進する事です。

瑕疵保険に加入が出来る中古住宅であれば、

買主様側が安心して購入するだろうと考えています。
(コラムにも書いていますが、床下・屋根裏に入っての調査が無い検査は安心では有りません。)


売主様側が建物状況調査をした場合のパターンとして

建物状況調査の内容は、ほぼ「既存住宅瑕疵保険加入の為の検査」と同じです。

違うところは、建物状況調査は「劣化事象の写真」を撮り報告書に添付しなければならない事くらいです。

この事を考慮して下記の二つのパターンが考えられます。

◆パターンその一として
建物状況調査を実施する検査員の資格が、
既存住宅状況調査技術者で「既存住宅瑕疵保険の検査事業者」の場合

買主様が瑕疵保険に加入したいと言われた場合、

劣化事象を補修すれば加入出来ますよ と即座にお話が出来ます。
(ただし、売主様側が劣化事象を事前に補修した場合は、即座に加入できますと言えます。)

◆パターンその二として
建物状況調査を実施する検査員の資格が、
既存住宅状況調査技術者の資格だけの場合

買主様が瑕疵保険に加入したいと言われた場合、

既存住宅瑕疵保険加入の為の検査を、

「既存住宅瑕疵保険の検査事業者」に依頼しなくてはならないので、

費用が別途かかりますよ。

検査をしても保険加入が出来るかどうかは、確約出来ませんよ とお話をしなくてはなりません。


結論として

売主様の場合は、インスペクション業者の選定に気を付ける事が必要です。

買主様の場合は、瑕疵保険に加入出来るかどうかを事前に確認する事が必要です。


今回は、これで終わります。