Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

築25年中古住宅の住宅診断(岩国)事例として

  • HOME
  • コラム
  • 築25年中古住宅の住宅診断(岩国)事例として

今回は、築25年の木造住宅の住宅診断事例についてお話をして行きます。

建物の契約後、引渡し前に買主様からのご依頼でした。

気になる事象として

①床下断熱材の垂れ下がり

原因は、床下の湿気が高い事が原因と思われる。

グラスウールが湿気を含んで垂れ下がっているという事は、

断熱材の上側のフロアーの裏側にカビが発生している可能性が考えられます。

詳細調査をされる事をお薦めしました。


②サイディング目地の劣化

前回外壁のメンテナンスを実施してから13年経っている事が原因と思われる。

サイディング自体も防水性がなくなっていると思われるので、

早急に、屋根の塗り替えも一緒に外壁のメンテナンスする事をお薦めしました。

総合判定として

建物自体(構造)は、シッカリと建てられており、床・壁の傾斜測定の結果も問題無しでした。

ただ一つ気になる事として、床下の湿気対策を考えるように、お客様にお伝えしました。

後は、家の定期的なメンテナンス(屋根、外壁の塗り替え)をして、

末永く住み続けて頂きたいと思います。

今回は、これで終わります。